恋はDeepに 2021年4月期ドラマ

【恋はDeepに】第5話あらすじ&感想(ネタバレ)|考察も紹介!

『恋はDeepに』第5話あらすじ・感想・考察を紹介|バズり場

2021年5月12日に『恋はDeepに』の第5話が放送されました。

人間ではないことを告白した海音。残されたリミットの中で倫太郎との恋の行方や星ヶ浜リゾート計画はどう進展していくのか?今週も見逃せない結果となりました。

こちらの記事では『恋ぷに第5話あらすじ&ネタバレ、そして感想考察を紹介します!

  • ドラマ「恋はDeepに」第5話のあらすじ
  • ドラマ「恋はDeepに」第5話の視聴率
  • ドラマ「恋はDeepに」第5話の感想
  • ドラマ「恋はDeepに」第5話の考察・気になる点

本文はネタバレも含みますので、ネタバレ結末などを知りたくない方はご注意下さい!

 Huluでは『恋はDeepに』のスピンオフ『恋はDeepに勉強中!』が独占配信中!
新規登録なら2週間以内の解約で0円で視聴できます♪
Huluは日テレ系のドラマやバラエティー番組が豊富なのでおすすめです!

 

『恋はDeepに』第5話 あらすじ

ドラマ『恋はDeepに』第5話のあらすじを紹介します。
こちらは第5話のネタバレを含みます!!

『大人のファンタジーラブコメ第2章開幕!二人の運命を結ぶ指輪 明かされる彼の過去』

不慮の事故により地面に頭を強打し、救急車で病院に運ばれた海音石原さとみ)。

しかし病院で身体を検査されることを恐れ、救急車から逃げ出してしまう。

同乗していた倫太郎綾野剛)は何とか追いかけ病院へ連れ戻そうとするも、海音は衝撃の告白をする。

私、人間じゃないの

その告白に倫太郎は混乱する。

海音は、倫太郎のことは忘れ残された期間で海を守ることに集中しようとする。

そのために掲げた海音の計画は以下の通り。

1、蓮田トラストに海中タワー建設が海洋環境に与える調査結果を報告し考え直してもらう
2、地元の人々に星ヶ浜の美しさをアピールし、賛同者を増やし味方を作る
3、蓮田トラストを爆破する

そんな中、蓮田トラストと鴨居研究室が合同で『星ヶ浜の今と未来』をテーマにしたイベントを開催することに。

倫太郎は、”海中展望タワー計画”の復活を条件にイベントの責任者を引き受ける。

鴨居研究室をプロジェクトから外そうと画策する光太郎大谷亮平)と火花を散らす一方で、倫太郎は海音に騙されているのではないかと思い悩んでしまう。

一方、鴨居は海音の書いた論文がナショナルオーシャンジャーナルに掲載されることにあたり、海音の経歴を提出する必要があったため、”海音の偽の経歴”をメールで提出する。

また、星ヶ浜が生んだYouTuberことMr.エニシは自分の投稿した動画に再び100万回再生されている事を知る。

その動画内容は、とある会社の横領について発言した動画であったが、この動画がバズったことに疑問を持ったMr.エニシはコメント欄を見て、海中に消えていく海音の姿に気づく

そんな中、藍花今田美桜)と榮太郎渡邊圭祐)の恋は急進展を迎える。

デートで訪れた居酒屋にて榮太郎は藍花に告白し、無事にOKをもらえた榮太郎は藍花と付き合うことに。

とある夜のシーン。蓮田トラストの会長である太郎鹿賀丈史)と光太郎と倫太郎の3人は自宅にてモノポリーをして遊ぶ。

その中で母親の有沙が亡くなり、もうすぐで25年が経つことが判明した。


蓮田トラストと鴨居研究室の合同イベント『星ヶ浜の今と未来』の当日を迎える。

ウミガメの着ぐるみを身に纏った海音は、星ヶ浜の地元の子供達に海の美しさを熱弁し子供達の心を掴む。

一方、サメの着ぐるみを身に纏った倫太郎は、子供達にリゾート計画の説明をするも反応はイマイチ。しかし、海中展望タワー計画の発表で子供達の心を掴むことになる。

海の生物の大切さ、そして海の生物は人間との仲間であり共存する事の必要性を訴えたことで、子供達心や海音の心を掴み、無事にイベントは成功に終わる。

イベント終了後、『S計画』という名の”極秘プロジェクト”を進める榮太郎と椎木の計5人はオンラインミーティングを行う。そこに荷物運びの手伝いをお願いしにやってきた藍花は、この榮太郎の行動を怪しむことに.....。

イベントも無事に終了した後日、海音の家を訪ねる倫太郎。そこで母親が身につけていた指輪を目にする

海音が星ヶ浜の海で発見したその指輪は、倫太郎が長年探していた母親の形見である結婚指輪だった。

倫太郎の幼少期、星ヶ浜の海で遊んでいた倫太郎たちはその時投げたビーチボールが海風に流さた。それを取りに向かった母親は海で帰らぬ人となったのだ。

その光景を思い出し泣き崩れる倫太郎に海音はそっと抱きかかえる。

倫太郎の身体をさする海音の手を握った倫太郎は再びこう話す。

やっぱり冷たい、君は何者なの?

それに対し、海音は自分の正体を倫太郎に伝える。

私は、星ヶ浜の海で産まれて、育って、目的があってここに来ました。大好きな星ヶ浜の海を、私の大切な居場所を守るために、今ならまだできることがあるかと思って。でもここは海の中とは違うから、身体が持たなくて。後は、2ヶ月くらいしかいられないんです

その告白を聞いた倫太郎は海音をギュッと抱きしめる。

翌朝、鴨居が帰宅する。鴨居は海洋水質調査を行うために再び星ヶ浜の海に行っていたのだった。

そこで鴨居は、2年前に蓮田トラストに水質調査の依頼を受けていたことを海音に話す。

当時、研究室の資金面に困っていた鴨居は、蓮田トラストのリゾート開発計画に際し”偽装した数値”を提出し計画推進に加担したのだった。

科学者が真実に背くことは御法度。そのことに心残りがあった鴨居は、その後たびたび星ヶ浜の水質調査を行い、ある雨の日に海音を海岸で発見したのだった。

時は変わって、光太郎は星ヶ浜リゾートの記者発表を行う。その発表前に光太郎の目の前に鴨居が現れる。

鴨居は2年前に自身が行った調査が不十分であったことを光太郎に伝える。

鴨居は「真実をマスコミが知ったら...」と伝えるも光太郎は自身の行動に注意するよう釘をさす。

その結果に鴨居はどこか意を決したような表情で蓮田トラストを後にしたのだった。

星ヶ浜リゾートの記者発表では、倫太郎も知らなかった『海底資源の開発』も発表された。

海底資源の開発を行うことは海の生態系をさらに崩すことになり、その計画を目にした海音は抗議するために急いで蓮田トラストに向かった。

しかし、そこで海音は蓮田トラストと鴨居研究室の契約解除が光太郎の口から伝えられたのだった。

その後、鴨居の目に前に週刊ホリデーの記者が現れる。渚海音の経歴を疑い取材するものだった。

その現場に訪れた海音と倫太郎は、その記者と口論となる。それを静止しようとした鴨居はその記者を突き飛ばしてしまった。

そのことで鴨居は傷害罪として警察に連行されてしまうのであった.....。

果たして、鴨居の行く末、そして海底資源の開発が発表された星ヶ浜のリゾート開発の行方は!?

物語は第6話に続く

 

『恋はDeepに』第5話 視聴率

ドラマ『恋はDeepに』第5話の視聴率は7.7%でした。(関東地区・ビデオリサーチ調べ)

第4話の視聴率は8.6%でしたので、前回から0.9%の減少です。

 

『恋はDeepに』第5話 感想

ドラマ『恋はDeepに』第5話の感想を紹介します。
こちらは第5話のネタバレを含みます!!

海音が鴨居に発見された際に右手に握っていたものが判明!

『恋はDeepに』第5話 感想・考察 指輪

以前の考察でも予想していた通り、鴨居が星ヶ浜の岩場にて発見した海音の右手には指輪が握られていたことが判明しました。

その握られていた指輪とは、倫太郎の両親である、太郎と有沙の結婚指輪でした。

 

蓮田家の母親(有沙)が亡くなっていたことが正式に判明!

蓮田トラストの会長である太郎鹿賀丈史)の妻、そして光太郎、倫太郎、榮太郎の蓮田三兄弟の母親である有沙霧島れいか)は25年前に亡くなっていたことが正式に判明しました。

星ヶ浜の海にて倫太郎が投げたビーチボールが風で海に流され、それを海に取りに行った母親は帰らぬ人となりました。

こちらも以前に考察した予想通りの結果でした!

 

海音の住む家の湿度が95%!?

『恋はDeepに』第5話 感想・考察 湿度

蓮田トラストと鴨居研究室の合同イベント『星ヶ浜の今と未来』が終了した後日、倫太郎は海音の家を訪れましたが、その家の湿度がなんと95%を計測していました!

海音の家ではたくさんの加湿器をたいており、陸での生活において海音の生命を維持するために必要なんだなとは思っていましたが、まさか湿度が95%もあるとは思いませんでしたww。

ちなみに、雨の日の一般的な湿度は約80〜90%とのことで、大雨や梅雨の日に90%以上を計測することはあるみたいです。

普通の人間が生活するにはジメジメして気持ち悪く感じますよね!?

 

鴨居が星ヶ浜の海洋水質調査を行っていた理由が判明!

『恋はDeepに』第5話考察・水質調査|バズり場

第4話で、海音の知らないところで星ヶ浜の海洋水質調査を行っていた鴨居ですが、その理由が分かりました!

今から約2年前に研究室の資金面に困っていた鴨居は、蓮田トラストが星ヶ浜の海で計画するリゾート開発に”偽の水質調査の報告書”を作り加担することで補助金を受け取っていたのです。

その行動に科学者としての姿に後ろめたさを感じていた鴨居は、今もなお独自で海洋水質調査を行っていたのです。

今後、鴨居のこの行動がリゾート開発の進退に重要な役割を担う日が来ると思いますので注目です!

 

『恋はDeepに』第5話 考察・気になる点

ドラマ『恋はDeepに』第5話をみて考察気になる点を紹介します!
こちらは第5話のネタバレを含みます!!

S計画の目的は蓮田トラストの乗っ取り?

『恋はDeepに』第5話考察・S計画|バズり場

第1話から明らかになっていた榮太郎と椎木が進める極秘プロジェクトの『S計画』

今回は他の3人が男性2人と女性1人であることがオンラインミーティングのシーンでわかりました。

以下がそのミーティングでの会話内容です。

榮太郎「まだこっちはいつ着工するか決まってないんですよね」
椎木「なのでスケジュールに動きがあり次第報告します」
男性A「じゃあ、もうこっちは動こうか?」
女性B「そうですね」
男性C「買い進めますか?」
榮太郎「いよいよ、やっちゃいますか?」
男性A「ここからは今まで以上に最新の注意を払っていきましょう」

 

今までの『S計画』の考察として2点を予想しました。

  • 海洋の環境や生態系・生物資源等と将来にわたって共存できる、海の生物にとっても負担の少ない海中展望タワーに変わる計画
  • 設計図を見る限りでは無数の球体が6つの棒状のものに連なり、展望スペースではなさそう

榮太郎が話す着工というのは、海中展望タワーのことを指しているのだとは思いますが、今回、”買い進める”という新しいワードが出ています。

この”買い進めるもの”は、第6話のあらすじで”とある株の売買”と記されていますので、蓮田トラストの株を買い占めて乗っ取ろうとしているのかも知れません!!

蓮田トラストの主要株主になることで、モノを言う株主じゃないですが、リゾート開発計画に口出しするのではないかと考察します。

『恋はDeepに』第5話・考察 S計画2|バズり場

鴨居の取る責任とは?

鴨居は2年前に行った調査が不十分であったことを光太郎に伝えるも、自身の行動に注意するよう釘をされる結果となりました。

その結果に鴨居はどこか意を決したような表情で蓮田トラストを後にした感じがしました。

その後鴨居は傷害罪で警察に連行されてしまいましたが、鴨居が科学者としての進退をかけて真実を表に出す日が来るのではないかと考察します。

鴨居の今後の行動は注目ポイントです!!

 

『恋はDeepに』第5話 まとめ

今回の『恋はDeepに』第5話では指輪のことや倫太郎の母親のこと、そして蓮田トラストと鴨居の関係性など色々と気になっていたことが判明ししました。第5話の最後では鴨居が連行されるなど、今後の進展がとても気になりますね。

『恋はDeepに』無料動画で楽しむならこちら

もう1度『恋はDeepに』を1話から見るには無料視聴できるHuluがおすすめです!
Huluでは『恋はDeepに』のスピンオフ『恋はDeepに勉強中!』も無料視聴できます!

新規登録の2週間無料キャンペーン期間内は、日テレのドラマをはじめ、バラエティ番組も見放題♪
2週間以内に解約すれば、一切お金はかかりません!!

その他にも『恋はDeepに』の感想や考察の記事も多数書いていますので、気になった方は是非ご覧ください♪

『恋はDeepに』あらすじや感想・考察の記事はこちら

この記事を見て感想をコメントいただけたら非常に嬉しいです!

その他にも最新ドラマに関する様々な情報を掲載しています!ぜひご覧ください♪

2021年4月期スタートのドラマに関する記事はこちらから

Twitterでもたまにつぶやきます、気軽にフォローしてください♪

@buzz_nyan2

-恋はDeepに, 2021年4月期ドラマ

© 2021 バズり場 Powered by AFFINGER5