恋はDeepに 2021年4月期ドラマ

【恋はDeepに】第7話あらすじ&考察|倫太郎の母親も人魚なのか?

『恋はDeepに』バズり場|ドラマのあらすじや感想・考察を紹介

2021年5月26日に『恋はDeepに』の第7話が放送されました。

初めての遊園地デート!しかし、迫り来る別れの時…

こちらの記事では『恋ぷに第7話あらすじ&ネタバレ、そして感想考察を紹介します!

  • ドラマ「恋はDeepに」第7話のあらすじ
  • ドラマ「恋はDeepに」第7話のネタバレ(あらすじ全文)
  • ドラマ「恋はDeepに」第7話の視聴率
  • ドラマ「恋はDeepに」第7話のまとめ
  • ドラマ「恋はDeepに」第7話の感想
  • ドラマ「恋はDeepに」第7話の考察・気になる点

本文はネタバレも含みますので、ネタバレ結末などを知りたくない方はご注意下さい!

 Huluでは『恋はDeepに』のスピンオフ『恋はDeepに勉強中!』が独占配信中!
新規登録なら2週間以内の解約で0円で視聴できます♪
Huluは日テレ系のドラマやバラエティー番組が豊富なのでおすすめです!

 

『恋はDeepに』第7話 あらすじ

ドラマ『恋はDeepに』第7話のあらすじを紹介します。

魚たちの話す言葉が突然理解できなくなってしまった海音石原さとみ)。一方、再び開発プロジェクトのリーダーに戻って来た倫太郎綾野剛)は、記者に追われる海音の身が心配で……。さらに、海音の怪しい経歴をめぐって、鴨居橋本じゅん)研究室は大学内で存続の危機に立たされてしまう!
一方、蓮田トラストでは香港の会社に株を買い進められていることが発覚。このままでは会社を乗っ取られてしまうが……。大量の株を売却していたのは、榮太郎渡邊圭祐)だった。
そんな中、海音を心配する倫太郎が研究室に迎えにくる。倫太郎が向かった先は会社ではなく、遊園地!自分を元気付けようとする倫太郎の優しさに、幸せを感じる海音。倫太郎は<海中展望タワー>が環境を壊さないよう、大きさや形まで真剣に考え直そうとしていた。

その夜。榮太郎の行動をめぐって蓮田家には険悪なムードが。また、海音は研究室の仲間にこれ以上迷惑をかけないため、自分の経歴を公表する“危険な作戦”に出ようとしていた…

 

『恋はDeepに』第7話 ネタバレ

ドラマ『恋はDeepに』第7話のあらすじの全文を紹介します。
こちらは第7話のネタバレを含みます!!

今から10ヶ月前、鴨居に助けられた海音は、『渚海音』という名前を鴨居に付けてもらっていた。それは海音が地上で生活するために必要な名前だった。鴨居が初めて海音にあった時の、雨の打ちつける海の音が耳に残ったことが海音の名前の由来であったという。

海音は海の生き物の声が聞こえなくなっていたことに悩んでいた。

自宅で飼っているウツボ以外にも、研究室で飼っているうなぎやカワハギなども同様に声が聞こえなくなっていた。

そこに海音の論文が掲載されたことを知らせに染谷がやって来る。藍花と共に喜ぶ一方で、鴨居と海音はある不安を抱いていた.....。

一方、蓮田トラストでは、香港の投資会社であるダニエル・カッパー社の大量株保有に関して緊急会議を行っていた。

榮太郎が自身の保有する株(会社全体の5%)を売却したことを知った光太郎と倫太郎であったが、そこで星ヶ浜のリゾート開発プロジェクトの責任者として、倫太郎は改めて父の太郎に命じられる。

倫太郎はすぐさま海中展望タワーの計画に取り組み始めようとするも、海音はこれから研究室を出発するという。

倫太郎は海音に電話をし、週刊誌に追われている海音のことを心配にするも、海音は「大丈夫です」と答える。

倫太郎が電話を終えると、そこに光太郎がやってきた。

光太郎「お前は気楽でいいよな」
倫太郎「一体鴨居研究室に何しようとしてるんだよ」
光太郎「何のことだ?」
倫太郎「それに榮太郎のことだってさ.....」
光太郎「お前は口出しするな」

そう言って光太郎は立ち去る。

鴨居は芝浦海洋大学の理事長に、海音の過去の実績や経歴が疑われていることが大学の信用問題にあたるとして2つの選択肢を迫られていた。

1、海音を解雇して鴨居研究室を存続させるか
2、鴨居研究室の解散の道を選ぶか

研究室の染谷と藍花は、海音のことを思い、おとり作戦を決行していた。
染谷が女装して記者の注意を引く一方で、海音と藍花は裏門からの脱出を試みる。

しかし、染谷のおとり作戦はお粗末なもので、すぐに裏門にも記者の姿があった。
別のルートを探し、走って記者から逃げようとすると、そこに倫太郎が車で海音を迎えにやってきた。

海音を車に乗せた倫太郎は、会社ではなく遊園地に向かう。
遊びに行くと言って、会社を午後から休んだのであった。
初めてみる遊園地の景色に海音は感動する。

遊園地を満喫する海音に、倫太郎は海中展望タワー計画の再開することを話す。
倫太郎は海に与える影響を最大限に考慮することを約束とし、海音に協力を仰ぐのであった。

遊園地から帰宅した倫太郎の家には、家族が勢揃いしていた。
榮太郎が株式を売却したことについて事情を聞いていたのだった。

榮太郎はその理由として「なんかもう、どうでも良くなったんだ。考えるのが嫌になったんだ」と話すも、その理由を聞いた光太郎は激昂し責め立てる。そういった態度に榮太郎は部屋を後にするのであった。

翌朝、鴨居研究室に出社しようとする海音の元に、星ヶ浜が生んだYouTuber・Mr.エニシがやってきて『たそがれTV』の出演打診を受ける。
自身の身の潔白をテレビで話すチャンスだと言うMr.エニシの言葉を信じ、海音は出演を決める。

蓮田トラストに出社した海音は、倫太郎と海中展望タワーの大きさや場所について話し合う。

一方、榮太郎は鴨居研究室で2人きりになった藍花とに対して、会社の株を売却したことを打ち明ける。
兄弟でいがみ合うことに疲れたと話す榮太郎であったが、榮太郎には夢があったのだ。

それは、『兄弟で会社を大きくして、世界中にリゾートを作り幸せな場所をたくさん増やすこと』だった。

さらに一方の光太郎は、週刊誌に依頼した海音の経歴についての報告を受けていた。
そこで、海音がダナン海洋大学に在籍証明がないことを知るのであった。

その内容を週刊誌に記事にするよう約束して光太郎だったが、その代わりに蓮田トラストのお家騒動の独占記事を書く権利を提案される。どうやら、週刊誌には榮太郎が株を売却した情報が既に回っているようであった。

 

たそがれTVに出演する海音。
そのことを知らなかった倫太郎と鴨居研究室では大騒ぎになる。

番組内で、海音の動画を紹介しようとしたMr.エニシであったが、そこに週刊満潮の編集長・高柳が割って入る。高柳は海音に対して、鴨居との関係性や海音の経歴について問いただす。

たそがれTVに駆けつけた倫太郎は、今すぐに番組を止めるよう訴えるが、生放送中だとスタッフに制止される。しかしCMに入った途端、倫太郎は海音を連れ出すことに成功する。

車で海音を乗せ走る倫太郎は、海音に行きたいところを尋ねると、星ヶ浜の海に行きたいと話す。

星ヶ浜についた2人は、倫太郎が星ヶ浜で起こった母親の事故の真相や小さい頃の思い出を海音に話す。

話しながら歩いていると、海音の足が疲れたせいかうまく歩けない。そこで倫太郎は、小さい頃に行ったことのある『星ヶ浜 しおさい博物館』に海音をおぶって連れて行く。

博物館のソファーに座らせた倫太郎は海音にこう聞く。

「俺は何ができるんだろう?」
「海音とずっと一緒にいるために何ができるんだろう、どうしたらいいんだろう?って」
「俺は君を離したくない」

その言葉を聞いた海音は嬉しそうでもあり、複雑な表情でもあった。

倫太郎が水を買ってくるために、1人なった海音は博物館で1枚の絵を目にする。

それは、星ヶ浜の伝説として語り継がれる『人魚』の絵だった。

その絵を見た海音は、不思議な感覚に襲われ、涙が込み上げてくる。

その人魚の絵の説明文にはこう書いてあった。

地上で恋をした人魚も、最後には海へと帰らなければならなかった。人間を不幸にしてしまうから。

その頃、蓮田トラストでは、株式を大量獲得した香港の投資会社『ダニエル・カッパー社』の幹部が会長の太郎と対面していた。

そこで、幹部の王は、経営陣の刷新を図りたいと要求する。
その具体案として、榮太郎を蓮田トラストの取締役に推薦する。

榮太郎が会議室に入ると、太郎と光太郎はその意図が分からないような表情で榮太郎を見つめるのであった。

一方、水を買って戻ってきた倫太郎は、そこに海音の姿がないことに気づく。
ショーケースの上に、こぼれ落ちた海音の涙を発見した倫太郎は考え込むも、人魚の絵に目が向く。

その人魚の絵が海音の正体とリンクした倫太郎は、海音を探すために走り出す。

その頃、研究室にいた藍花のLINEに海音からのメッセージが届く。

藍花ちゃん 今までありがとう

椎木は、S計画の管理画面にログインができないことを焦っていた。

Mr.エニシや鴨居も海音を探しに星ヶ浜までやって来ていた。

「海音!海音!」と叫びながら走る倫太郎。

海音は海へ帰ろうとしていた。
しかし、「あれ?あ‥‥。戻らない」と立ち止まる海音。
「どうしよう!?帰れない。どうしよう‥‥。」そう嘆く海音の元に倫太郎が駆けつける。

倫太郎「海音!何やってんだよ おい!」
海音「私.....帰れなくなった」
倫太郎「勝手なことすんなよ!何なんだよ。勝手にいなくなるな」

そう叫ぶ倫太郎に、海音は気を失ってしまう。

砂浜に横たわった海音の足が海の水に触れるところに倫太郎が目を向ける。

すると海音の足が変化し、波際には鱗の破片が......。

物語は第8話に続く

 

『恋はDeepに』第7話 視聴率

ドラマ『恋はDeepに』第7話の視聴率は7.4%でした。(関東地区・ビデオリサーチ調べ)

前回の第6話は7.6%でしたので、0.2%の減少になります。

 

『恋はDeepに』第7話 まとめ

ドラマ『恋はDeepに』第7話のあらすじのまとめを紹介します。
こちらは第7話のネタバレを含みます!!

  • 渚海音の名前の由来は、鴨居の耳に雨の打ちつける海の音が残っていたため
  • 海音は海の生物の声が聞こえなくなる
  • 倫太郎は再びプロジェクトの責任者に返り咲き、海音と共に最適な海中展望タワー計画を模索
  • ダニエル・カッパー社が筆頭株主になり、榮太郎を取締役に推薦
  • 鴨居研究室が解散の危機
  • 海音の正体は人魚、しかし海音は海に戻れない体に変化?

 

『恋はDeepに』第7話 感想

ドラマ『恋はDeepに』第7話の感想を紹介します。
こちらは第7話のネタバレを含みます!!

海音の人魚確定に賛否両論!?

ドラマ『恋ぷに』の第1話からずっと話題になっていた海音の人魚説ですが、第7話で確定的なものになりました。

この事実に関してはある程度予想はできていたのでそこまで驚きはしないのですが、大人の恋愛が観たい人にとっては否定的な意見も目にします。

私自身はこの設定を十分に理解した上で楽しんでおり、何と言っても石原さとみさんの可愛さ、綾野剛さんのカッコ良さ、そして2人の演技力に魅力を感じ『恋はDeepに』を毎週楽しく拝見しています。

残り2回と発表された『恋はDeepに』は終盤に差し掛かっていますので、あと2回を存分に楽しみたいと思います!!

 

『恋はDeepに』第7話 考察・気になる点

ドラマ『恋はDeepに』第7話をみて考察気になる点を紹介します!
こちらは第7話では話のネタバレを含みます!!

倫太郎の母親も人魚!?

『恋はDeepに』バズり場|第7話の考察や感想を紹介

これまで何度か倫太郎の母親・有沙が水難事故によって亡くなってしまったという回想が流れていますが、実際に母親が海に入ったシーンは一切映っていません。

もしかして、倫太郎の母親は海に溺れて亡くなったのではなく海に帰ったのかもしれません!!

倫太郎も目を離した隙に母親の姿がなかったと話していますので、今も尚、海の中で生きる人魚の有沙がいてもおかしくはありません。

 

榮太郎の真の狙いとは?

蓮田トラストの株式を30%以上獲得し筆頭株主となったダニエル・カッパー社は、経営陣の刷新として榮太郎を取締役に推薦しました。

榮太郎は家族で仲良く会社を運営し大することが夢だとも話していましたので、光太郎の首を切ることはしないように思いますが、今後どういった要求をするのか非常に注目です。

しかし、1つ気になることとして、榮太郎が進めていた極秘プロジェクトの『S計画』の設計図の全容が明らかになっていないのと、プロジェクトに参加する椎木が管理画面にアクセスできないと騒いでいましたので、『S計画』の行方はどうなっていくのかが謎です。

榮太郎が椎木を騙していたことは考えにくいですが.....。

 

Mr.エニシの存在は物語にどう左右する?

これまでに、海音がカニと話す姿や海音が海に向かう姿をYouTubeでアップさせてバズらせ、海音にとってマイナスの発信をするMr.エニシですが、第7話でも『たそがれTV』の番組のプロデューサーに唆されて、結果的に海音を追い込むこととなりました。

そんなMr.エニシが第7話の最後の方で、海音のことを気遣い星ヶ浜に駆けつけていたのですが、最終的にMr.エニシは海音にとって良い役割を果たす人物になるのではないかと考察します。

具体的な内容は分かりませんが、今後のMr.エニシの言動には注目です!!

 

海音は人魚に戻るのか?

『恋はDeepに』バズり場|第7話の考察や感想を紹介

第7話の最後では、海に帰ろうとする海音が海に帰れない体になっていることが判明しました。その他にも海の生物と話ができなくなったり、海音の体の変化が日に日に増していることは確実です。

しかし、海音の足の筋力は尚も落ちているようなので、人間の体になってしまうことは考えにくいのですが、今後海音は人魚に戻るのか?それとも倫太郎の愛の力で人間の姿になってしまうのか?非常に注目です。

ドラマ『恋はDeepに』はラスト2話とのことなので、今後も見逃せません!

『恋はDeepに』無料動画で楽しむならこちら

もう1度『恋はDeepに』を1話から見るには無料視聴できるHuluがおすすめです!
Huluでは『恋はDeepに』のスピンオフ『恋はDeepに勉強中!』も無料視聴できます!

新規登録の2週間無料キャンペーン期間内は、日テレのドラマをはじめ、バラエティ番組も見放題♪
2週間以内に解約すれば、一切お金はかかりません!!

その他にも『恋はDeepに』の感想や考察の記事も多数書いていますので、気になった方は是非ご覧ください♪

『恋はDeepに』あらすじや感想・考察の記事はこちら

この記事を見て感想をコメントいただけたら非常に嬉しいです!

その他にも最新ドラマに関する様々な情報を掲載しています!ぜひご覧ください♪

2021年4月期スタートのドラマに関する記事はこちらから

Twitterでもたまにつぶやきます、気軽にフォローしてください♪

@buzz_nyan2

-恋はDeepに, 2021年4月期ドラマ

© 2021 バズり場 Powered by AFFINGER5