恋はDeepに 2021年4月期ドラマ

【恋はDeepに】8話あらすじ&感想|海音は海には帰らない!?

2021年6月2日に『恋はDeepに』の第8話が放送されました。

切り裂かれる二人の恋…怒涛のクライマックスへ!

恋ぷに第8話ネタバレを中心に紹介します!
こちらを読めば、8話の内容が丸わかりです!

本文はネタバレも含みますので、ネタバレ結末などを知りたくない方はご注意下さい!

 

第8話 あらすじ

恋はDeepに』第8話のあらすじを紹介します。

倫太郎綾野剛)の腕の中で意識を失った海音石原さとみ)。倫太郎は鴨居橋本じゅん)を頼り、古くからの知り合いだという病院に海音を運ぶ。
しかし、海音が目を覚ました時、倫太郎の姿は消えていた。

海音が意識を失っている間、倫太郎は、『海音とはもう関わらない』という約束を鴨居と交わしていた。自分のせいで海音が無理をし、命を危険に晒していることを知った倫太郎は、自ら身を引く決意をする。そうとは知らず、自分と距離を置く倫太郎に切ない思いを抱く海音。

一方、蓮田トラストでは筆頭株主になったダニエル・カッパー社の推薦を受けた榮太郎渡邊圭祐)が取締役に就任する。榮太郎は、星ヶ浜のリゾート計画を白紙に戻し、代わりに深海未来都市計画の発表をする。

そんな中、鴨居は海音の経歴をめぐって教授会で説明することになる。それを知った海音は「本当のことを話したい」と参加の意向を伝える。

運命の教授会は翌日に迫っていた‥‥。

 

第8話 ネタバレ

恋はDeepに第8話あらすじのネタバレを紹介します。

蓮田倫太郎綾野剛)の目の前から姿を消した渚海音石原さとみ)は、星ヶ浜の海に帰ろうとしていた。波際で海音の姿を見つけた倫太郎は、急いで海音を静止するも、海音は気を失ってしまう。

**********

倫太郎は、海音の携帯から鴨居橋本じゅん)に電話をかける。
電話を受けた鴨居は、古くからの知り合いである富浦医院に行くよう伝える。

倫太郎海音を車に乗せて、その病院へ向かった。

海音が目を覚ますと、そこには鴨居がいた。倫太郎がいないことを心配する海音鴨居は「急用があるから先に帰ったよ」と伝える。

海音は倫太郎から言われた言葉が頭の中を巡っていた

勝手なことすんなよ、何なんだよ、勝手にいなくなるな!

そこへ鴨居の知り合いの女医がやって来る。
女医は海音の筋力の低下を指摘し、このままでは動けなくなると鴨居に伝える。

**********

その後、無事家に戻った海音
ウツボに声を掛けるも、ウツボの声はまだ聞こえないよう。

海音は、倫太郎に迷惑をかけてしまったことを申し訳なく思い、電話するも、倫太郎は電話に出ない。

鴨居は海音の足のレントゲン写真を見てため息をつく。
鴨居は、知り合いの女医に大きい病院へ行ってちゃんと検査するよう忠告されていたのだった。しかし、海音の正体を隠しているため、他の病院に海音を連れて行くことはできないと悩んでいた。

海音が意識を失っている間、鴨居倫太郎のせいで無理をしてしまう海音のことを思い、倫太郎に海音から身を引くようお願いしていた。

**********

一方、鴨居トラストで
社員の山内可憐筧美和子)と風間みどり松熊つる松)は榮太郎渡邊圭祐)の取締役就任の知らせをみて驚く。

筆頭株主のダニエル・カッパー社の推薦により、取締役に就任した榮太郎は、早速、星ヶ浜リゾート計画の白紙を発表する。その理由として「ワクワクしない、自社の利益しか考えていない」と言う。

「企業として利益を追求することは当然のこと」と発言する光太郎大谷亮平)に対し榮太郎はある資料を配る。

深海未来都市計画(S計画)』の全容を発表するものだった。

**********

海音は連絡の取れない倫太郎に、先日のお礼をメールする。
しかし、倫太郎はそのメールを見るも返信しない。

海音が自宅で休養していると、家のチャイムが鳴る。お見舞いに藍花がやって来たのだ。

藍花はお土産として、もずく酢を持参し2人で仲良く食べる。
実は藍花は倫太郎に依頼され、海音の様子を見に来たのだった。

**********

一方、鴨居は、大学の理事長に海音の経歴詐称鴨居との関係などの一連の騒動に対し、大学関係者に説明するよう迫られていた。

その夜、鴨居海音にそのことを話す。
すると海音は、研究室のみんなにちゃんと本当のことを話したいと懇願する。

その頃、Mr.エニシ福山翔大)は、先日星ヶ浜の波際で気を失う海音を倫太郎が介抱する動画を見返していた。実はMr.エニシは、たそがれTVに出演する海音を連れ出した倫太郎の後を追い、星ヶ浜海岸に来ていたのだった。

その動画には横たわった海音の足に波が触れると、紫に発光し変色する映像が映っていたのだった。

**********

蓮田三兄弟が住む家にて、
倫太郎榮太郎の作るカレーを食べていた。

一言も話さずに食べる倫太郎に、榮太郎は「なんで何も言わないの?怒ってないの?」と聞く。

榮太郎は、倫太郎の夢であった海中展望タワー計画を白紙にしたことに対して、倫太郎の想いを聞きたかったのだ。

「俺は本気だよ」と言う榮太郎に対し、「好きにしたらいいよ」と言う倫太郎

お前はお前の考えがあって、ルールに従って取締役になったんだから。榮太郎、お前の好きにしたいい、なっ」と言う倫太郎に、「倫ちゃんらしいね」と言う榮太郎

榮太郎の想いを汲み取った倫太郎の発言に、榮太郎は微笑む。

その後、再び海音から着信があるも、倫太郎は出ない。
母親の指輪を眺める倫太郎であった。

**********

翌日、倫太郎鴨居の元に向かう。
「お引き取り下さい」と言う鴨居に、倫太郎は指輪を差し出し、海音に渡して欲しいと伝える。

しかし鴨居は、そんな大切なものは預かれないと拒否をする。
これ以上海音を混乱させたくない鴨居は、明日の教授会で海音の全てを話す倫太郎に伝える。

久しぶりに研究室に出所する海音
そこで海音研究室のみんなに、自分の経歴や鴨居と親戚であることは嘘だったと報告する。

動揺するみんなに海音は続けてこう話す。

「鴨居さんに、どうしてもここに置いて欲しいとお願いしました、1年と言う期限付きで。ここで、鴨居研究室で、どうしても星ヶ浜の海と、そこに生きる魚たちを守りたいんですと無理言ってお願いしました。今まで隠していて、本当にごめんなさい」

この発言に藍花は「私にとっては何があっても海音さんは海音さんなので、何にも問題ありません」と言う。

続いて椎木水澤紳吾)も「ちゃんとした研究者じゃないってどう言うことだよ?渚海音は本物の研究者だ!」と海音に対し改めて歓迎する。

その後藍花は、海音に「倫太郎さんに会いに行ったらどうですか?倫太郎さんも海音さんと同じ気持ちです」と背中を押す。

その言葉を聞いた海音は、翌日蓮田トラストに出社する。
倫太郎の姿はなかったものの、いっぱいの付箋が貼られた星ヶ浜リゾート計画の模型を目にする。
そこには、倫太郎が海の生物について調べた情報が書かれており、倫太郎の努力を感じた。

夜、会社に戻って来た倫太郎は、模型に海音が補足した付箋が貼られていたことに気づく。倫太郎海音との思い出が頭に過り、涙を浮かべるのであった。

**********

家に帰った海音に、鴨居は「明日の教授会はB棟の第8会議室で11時から」と話す。

翌朝、研究室に出所する海音のもとにMr.エニシが現れる。
Mr.エニシ海音を騙してたそがれTVに出演させたことを土下座して謝る。
それに対し海音Mr.エニシにあるお願いをしたのだった.....。

研究室に出所した海音は、昨晩鴨居が伝えた教授会の詳細が嘘であったことを知る。

その頃鴨居は、1人で教授会に臨んでいた。

急いで向かう海音に、後を追いかける研究室のみんな。
そこへ海音のお願いを受けたMr.エニシが合流する。

教授会では、鴨居海音を特任研究員として採用するために独断で捏造したと発言する。
その発言に、なぜ捏造する理由があったのか問われる鴨居

その時、海音が登場する。

動揺する鴨居海音は自ら説明する。
そこへ遅れて研究室のみんなと、Mr.エニシが到着する。

Mr.エニシ海音の説明を世界中に発信する役割として、動画を撮影する。

海音は教授会でこう説明する。

「まずは、この星ヶ浜を取り巻く状況から変えていかなければ取り返しがつかないことになってしまうと訴えた私を鴨居先生は快く向かい入れてくださいました。この1年何ができたかわかりません。まだやり遂げてないことがたくさんあります。でも、海は人間が安易に立ち入ってはいけないように、私がここにいるべきではありません。鴨居先生、大学関係者の皆様本当に申し訳ありません」

それに対し1人の教授が質問する。

どうして星ヶ浜の海を守りたいのか?
人間が安易に海へ立ち入っていけないとはどう言う意味?
私がここにいるべきではないとは、あなた一体何者?

鴨居「答えなくていいよ海音ちゃん」
沈黙する一同
海音「私は・・・・」

そこへ突然、会議室のドアが開く。
現れたのは倫太郎だった。

人間じゃないんですよ。彼女は見ての通り人間ではありません

ざわつく一同。

尚も倫太郎はこう叫び、訴える。

「彼女と今一緒に働いていますが、とても同じ人間とは思えない。我々のリゾート計画を頭ごなしに反対するんですよ。しかも潰そうとさえする。『魚の気持ちわかりますか?』って。わかる訳ないですよね?でも、価値観が違うって思ったらなんか納得できたんですよ。彼女はとにかく星ヶ浜の海を守るために命をかけている。そのためにはどんな人間との衝突も厭わない。誰よりも海を愛している。命のかけがえのなさを信じているから。生きるもの全てに優しさが溢れている。好きな食べ物はわかめ。体温は低め。保湿しないとすぐ乾く。それが渚海音です。俺はそんな渚海音が地上で一番大好きだ」

倫太郎の心からの訴えに、涙ぐむ海音、そして鴨居研究室のみんな、Mr.エニシ。

後、ついでにもう1つ。高いところも苦手です。何か問題ありますか?」質問した教授に問う倫太郎

では、失礼します倫太郎は頭を下げ、会議室を後にする。

鴨居さん、すいません、私行きます」そう言って海音倫太郎の後を追う。

追ってくる海音に気づいた倫太郎は、海音の足を気遣い、お姫様抱っこをする。

ベンチに腰を下ろした海音倫太郎が冷たいお水を探してくるというも、海音倫太郎の腕を引っ張り「ここにいてください」と言う。

2人はお互いにいなくなったことを謝りあう。
海音倫太郎にいつも助けてもらっていると感謝するも、倫太郎も「俺も君にたくさん助けてもらってる」と感謝する。

そして倫太郎海音にこう話す。

帰ろっか?海に、帰ろう
はい」と返事する海音であった。

**********

その頃、榮太郎は、
ダニエル・カッパー社の会長にリゾート計画の代わりに巨大カジノを建設すると報告を受ける。初めて聞く内容に驚きと不安を隠せない榮太郎

**********

一方、鴨居研究室では、
教授会を終えた研究室のみんなは、仕事を切り上げ『鴨居会』を久しぶりに開催することに。

そこに榮太郎が白ワインを持ってやってくる。

榮太郎が来た途端に椎木は「ちょっといい?」と榮太郎をテントの中に呼ぶ。
テントの内側にはたくさんのS計画の資料が貼られてある。

椎木S計画のコミニティーにログインできなくなったことを報告する。
「外されたんじゃないですかね?俺たち騙されたんじゃないですかね?」と榮太郎

驚く椎木に、榮太郎はカジノ計画の話をする。
椎木は、汚染された海水を浄化するための設計を協力した努力が水の泡になったことに怒り狂うのであった。

**********

夜中に一人研究室に残って片付けをする鴨居のもとに、Mr.エニシが訪れる。
Mr.エニシは先日の星ヶ浜の海で気を失い横たわる海音の動画を鴨居に見せる。

「これは何なんでしょうか?」と不安に話すMr.エニシ

**********

時は変わり、蓮田トラストにて
会議を行う蓮田トラストの幹部。

ダニエル・カッパー社が保有する株の割合は全体の42%になっていた。

そこに榮太郎が入室する。

「お前騙されてるぞ」と言う光太郎に「そうだね、でも安心して。俺は社長になんてなるつもりはないよ」と榮太郎は言い取締役辞任届を提出し、会議室を退席しようとする。

その時、倫太郎が口を開く。

「なあ、榮太郎。ちゃんと話してくれないかな?何で株を売ったのか?お前の気持ちを」

それに対し榮太郎はこう答える。

「まあ、強いて言うなら、蓮田家にショックを与えたかったから。かな?ほら凝り固まったところに電流流したらほぐれるでしょ?俺はただ、気づいて欲しかっただけだよ」

そう言い残し、榮太郎は退席する。

その晩、蓮田家にて
カウンターで一人で酒を飲む倫太郎。そこに光太郎が帰ってくる。

倫太郎光太郎に対して口を開く。

「兄さん、ちょっと付き合えよ」

2人きりで酒を交える倫太郎光太郎

**********

一方鴨居は、Mr.エニシに見せられた動画を1人で見て思いふける。

海音は自宅にて、氷水に足をひたす。そこに大量の塩を投入する。

しかし、海音の体は変化しない

**********

倫太郎光太郎はお互いの性格について言い争う。

その後、倫太郎は25年前母親のことを光太郎に聞くも、「何も恨んでいない、仕方のない事故」と。

そして光太郎は更に話す。

「俺は全般的にお前が嫌いなんだよ。昔からお前が羨ましかった。不器用な俺には親父の後継ぐ道しかなかったし、お前は自由にロンドンとか好きなとこ行って、挑戦して」

光太郎は、自由に行動する倫太郎を羨ましがり憎んでいたのだが、一方の倫太郎はロンドンに行ったのは居場所が無くなった自分の逃げだったと話す。

光太郎はこの時初めて、倫太郎の気持ちを理解したのであった。

光太郎「でもやっぱり、羨ましいよ」
倫太郎「ん?どこが?」
光太郎「俺にはこの仕事の何が楽しいのかよく分からなかった。でもお前は楽しそうだ。だからお前には勝てない」
倫太郎「そうだねー、兄さんは俺に勝てない」

こうして2人のわだかまりは無くなったのであった。

その会話の一部終始をドアの向こうで聞く榮太郎
ようやく兄弟の溝がなくなったと感じた榮太郎はドアの向こうで1人微笑む。

倫太郎「って言うかさ、こんなところで俺たちが争っている場合じゃねえ」
光太郎「ああ、うかうかしてると本当に乗っ取られるぞ」
倫太郎「こういう時どうする。何か策は?」
光太郎「ない」
倫太郎「ないのかよ、もうそう言うとこだよ!もー榮太郎!おい、お前聞いてんだろ?いんだろそこに?出てこい」

こうして3人で酒を交わし、今後の策を練るのであった。

『恋はDeepに』第8話ラストシーン

鴨居研究室にて、
海音は午後蓮田トラストに出社するために、研究室を出る。

そこには海音を迎えにきた倫太郎の姿が。

すると突然、教授会で質問してきた教授が海音に駆け寄る。

「あなたの正体は何ですか?」
「人間じゃないってどう言う意味ですか?」
「もう一度ちゃんと説明してください」

倫太郎が静止に入ると海音は門の前でつまずき車道に転ぶ。

そこにクラクションを鳴らすトラックが。

海音をかばう為に、海音の元に駆け寄る倫太郎

急ブレーキをかけるも尚も突っ込むトラック

『恋はDeepに』最終話へ

視聴率

恋はDeepに第8話視聴率8.2%でした。(関東地区・ビデオリサーチ調べ)

第7話の視聴率は7.4%でしたので、0.8%上昇しました。

まとめ

恋はDeepに第8話あらすじのまとめを紹介します。
こちらは第8話のネタバレを含みます!!

  • 海音の命の危険を感じた鴨居倫太郎距離を置くよう忠告する。
  • 倫太郎もその忠告を守り、海音との連絡を遮断する。
  • 取締役に就任した榮太郎は、星ヶ浜リゾート計画の白紙深海都市計画を発表
  • 一方で、ダニエル・カッパー社は巨大カジノ計画を進める
  • 榮太郎取締役就任を辞退する。
  • 教授会にて鴨居海音は経歴詐称について説明するも更に追求される。
  • 教授会にやってきた倫太郎がて海音への想いをぶつける
  • ダニエル・カッパー社の株保有率が全体の42%までに上昇する。
  • 倫太郎光太郎は幼い頃からのお互いのわだかまりを解消する
  • 会社乗っ取りを目論むダニエル・カッパー社に立ち向かう策に蓮田三兄弟が動き出し始める?
  • 海音を迎えに行った倫太郎は、そこである教授と揉み合いになりトラックに轢かれる!?

 

『恋はDeepに』第8話 感想

ドラマ『恋はDeepに』第8話の感想を紹介します。
こちらは第8話のネタバレを含みます!!

『S計画』とは深海都市計画!?

第8話でようやく『S計画』の全容がわかりました。

『S計画』とは、深海都市開発計画のことで、”深海”のアルファベットのSを取って『S計画』といったものでした。

『恋はDeepに』第8話感想・S計画|バズり場

また当初の予想通り、S計画は汚染された海水を浄化し、海洋の環境や生態系・生物資源等と将来にわたって共存できる、海の生物にとって負担の少ない、海中展望タワーに変わる計画であったことがわかりました。

しかし、ダニエル・カッパー社はS計画では無く、巨大カジノの建設を計画しています。

果たして、星ヶ浜の海はどうなってしまうのか?

 

蓮田トラストの兄弟の絆は?

第8話では、光太郎が25年前の事故に関して「何も恨んでいない。ただの事故」と倫太郎に対して伝えました。

また光太郎は、ロンドンへ行き自由に挑戦する倫太郎のことを羨ましく思い嫉妬していたと発言しています。それに対して倫太郎は、ロンドンへ行ったのは居場所がなくなった自分の逃げだったと説明し、2人のわだかまりはなくなりました。

こうして蓮田三兄弟の絆が強固なものになったのですが、蓮田三兄弟がどうやってダニエル・カッパー社に立ち向かうのか?

 

『恋はDeepに』第8話 考察・気になる点

ドラマ『恋はDeepに』第8話をみて考察気になる点を紹介します!
こちらは第8話では話のネタバレを含みます!!

母親の指輪は倫太郎や海音を救う?

『恋はDeepに』において重要なアイテムとして、母親の指輪の存在があります。

倫太郎は母親の指輪をずっと探していた。
海音はその指輪を海底で見つけずっと大切に保管していた。

この母親の指輪が、物語で最終的に重要な役割を果たすのではないかと考察します。

指輪によって海音は海に帰ることができるのか?はたまた、指輪によって海音は人間の姿になるのか?どちらかでしょうか??

 

Mr.エニシも大きな役割を果たす?

『恋はDeepに』において、何かと海音の邪魔をするMr.エニシの存在が気になります。

今までMr.エニシが邪魔してきた内容は以下です。

  • 海音が海の生物と会話する映像を投稿し話題
  • 海音が海に入水する映像を投稿し話題
  • Mr.エニシの説得により、たそがれTVに出演した海音が疑惑を追求され話題

第8話では、海音のお願いにより教授会の様子を撮影したMr.エニシですが、教授会の映像が最終的に重要な役割を果たすのではないかと考察します。

おそらく、海音は教授会にて海に対しての危機的状況を訴えていましたので、この映像を見た世界中の人々が海に対しての意識を改め、共感した人々の働きによって海の環境保護が行われていくのでは無いかと思います。

 

海音と倫太郎の恋の行方は?海音は海に帰る?

物語を通じてテーマになっている『海音と倫太郎の禁断の恋の行方』ですが、最終的に決着するのかを考察します。

考えられる予想として、

  1. 海音は海に帰る
  2. 海音は人間の姿を手に入れる
  3. 倫太郎も人魚になるww

このどれかだとは思いますが、③はまず無い(笑)として、普通に考えると①が有力なのですが、実際は②ではないかと考察します。

第7話の最終シーンでは海水に触れた海音の足が紫色に発光していましたが、同時に海水に鱗の破片が散らばってもいました。

これは、海音が人魚から人間の姿に変わってしまった為に、鱗が剥がれ落ちたのでは無いかと考察します。

海音は海の声が聞こえなくなったり、その後、海水(塩水)に足を浸しても変化しなかったりと着実に人間の姿になって行っていますので、最終的に人間の姿を手に入れた海音は倫太郎と共に海に対しての環境破壊問題に取り組みながら、幸せに暮らすのでは無いかと考察します。

そうであって欲しいという願望も含みます!!

 

『恋はDeepに』無料動画で楽しむならこちら

もう1度『恋はDeepに』を1話から見るには無料視聴できるHuluがおすすめです!
Huluでは『恋はDeepに』のスピンオフ『恋はDeepに勉強中!』も無料視聴できます!

新規登録の2週間無料キャンペーン期間内は、日テレのドラマをはじめ、バラエティ番組も見放題♪
2週間以内に解約すれば、一切お金はかかりません!!

その他にも『恋はDeepに』の感想や考察の記事も多数書いていますので、気になった方は是非ご覧ください♪

『恋はDeepに』あらすじや感想・考察の記事はこちら

この記事を見て感想をコメントいただけたら非常に嬉しいです!

その他にも最新ドラマに関する様々な情報を掲載しています!ぜひご覧ください♪

2021年4月期スタートのドラマに関する記事はこちらから

Twitterでもたまにつぶやきます、気軽にフォローしてください♪

@buzz_nyan2

-恋はDeepに, 2021年4月期ドラマ

© 2021 バズり場 Powered by AFFINGER5