2021年4月期ドラマ 大豆田とわ子と三人の元夫

『大豆田とわ子と三人の元夫』3話ネタバレ|全俺が泣いた?鹿太郎の出会い

2021年4月27日に松たか子主演のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の第3話が放送されました。今回は主に鹿太郎のお話。とわ子との出会いから結婚までと、鹿太郎のことがわかる内容盛り沢山の鹿太郎回です。

通称『まめ夫』の第3話のあらすじネタバレ感想を中心に紹介します。
こちらを読めば、第3話の内容が丸わかりです!

本文はネタバレも含みますので、結末などを知りたくない方はご注意下さい!

『大豆田とわ子と三人の元夫』1話ネタバレや感想を紹介|バズり場
公式HPより

『大豆田とわ子と三人の元夫』第1話から視聴できる動画配信サービスはこちら
1、まずは無料でお試し!【FOD PREMIUM】

FODプレミアムは新規登録で2週間無料

2、U-NEXT

U-NEXTは新規登録で31日間無料

『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話 あらすじ

#2『全俺が泣いた〜器が小さい男の恋』

とわ子松たか子)は部下の仲島登火神尾楓珠)が手掛けた大学図書館の設計に感動しながらも予算を理由に不採用にしてしまう。そのことがきっかけで、一部の社員から不満があり、とわ子を悩ませる。

その頃、鹿太郎角田晃広)はカメラアシスタントにとわ子の写真を褒められ、初めてとわ子と出会った時からプロポーズまでの思い出を語る。とわ子にまだ未練がある一方で、古木美怜瀧内公美)の存在も気になる。新しい恋をするべきか悩む鹿太郎は、八作松田龍平)と慎森岡田将生)に相談するも相手にされない。その後、再び美玲の家を訪れた鹿太郎だったが.....。

 

『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話 ネタバレ

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話のネタバレを紹介します。

大豆田とわ子の今週の1週間

佐藤鹿太郎角田晃広)はファッション誌でまあまあ有名なカメラマンである。

ただし、業界内ではもっぱら『器が小さい』と皆声を揃える。

『佐藤鹿太郎 a.k.a Mr.小皿』と言われている。
(a.k.aとは、also known asの略で『又の名』と言う意味)

**********

とある日の八作のレストラン『オペレッタ』にて。

雨宿りをしにとわ子が店にやってくると、
カウンターで食事をする鹿太郎慎森がいた。
仕方なくテーブルでワインを嗜むとわ子

5個あるムール貝を巡って鹿太郎慎森はどちらが3個目を食べるか言い争いをはじめる。
その後、オリーブを巡っても2人は言い争う。

すると、急に自分の座っている椅子が慎森が座っている椅子よりも低いことに文句を言う鹿太郎
とにかく器が小さいのである。

**********

大豆田とわ子の今週の1週間

  • ラップの切れ目が見つからない大豆田とわ子
  • 組み立て式家具って現代の拷問だと思う大豆田とわ子
  • 社内で孤立する大豆田とわ子
  • 踊る大豆田とわ子

**********

社長としてのとわ子の葛藤

『しろくまハウジング』は住宅を専業にする建築会社であったが、ここ最近初めて区民会館を設計し建築の金賞を受賞する。

その受賞のお祝いとして、社員が集まり社内で祝勝会をあげるも、社長のとわ子は社員を気遣い距離を置く。
飲み会に社長がいるだけでも『パワハラ』だと感じるとわ子であった。

**********

その後、帰宅したとわ子は食品用ラップと格闘をしていた。
ラップの切れ目がわからずに爪を立てて探し当てようとしていたところに、から注文していた家具が届いたことを聞く。

その家具は組み立て式で、何とか組み立てようとするもすぐに諦める。

**********

翌朝、会社に出社したとわ子は、優秀な若手建築士の仲島登火神尾楓珠)が設計した大学図書館の図面を目にする。それは、環境配慮も考慮してデザインされたとても素晴らしい建築図面であった。

とわ子はその設計が予算に合わないことを松林カレン高橋メアリージュン)から指摘されるも、設計部の渾身の作品をどうにかして実現させてあげたい模様。

しかし予算の問題には抗えず、とわ子はその設計に予算を抑えたデザインに変更するよう提案する。
とわ子の提案に対し、「将来優秀な建築士を潰すつもりですか?」と三上頼知弓削智久)が反発するも、とわ子は「うちは作品を作っているのではなく、商品を作っているの」と一蹴する。

そのことで、頼知と対立をしてしまう。

**********

とわ子が帰宅すると、家には父の大豆田旺介岩松了)と後妻の幾子石村みか)が来ていた。

幾子とわ子が社内で揉めていることを保険会社に勤める同級生の知人から聞いたと伝える。

その後、とわ子登火が設計した図面の手直しを自ら行う。

**********

翌日、会社に出社したとわ子は、手直しした設計図を頼知に見せる。
頼知は「流石ですね」と言いながらも、登火の渾身の作品をそのまま採用できないことに対し、とわ子に失望感を抱く。

頼知に失望されたとわ子は、気分転換に外出する。
外出先に立ち寄った花屋の店頭に並んだ花を愛でていると3人の知り合いの婦人に声をかけられる。

「佐藤さん?佐藤さんよね?佐藤さんでしょ?佐藤とわ子さん」

どうやら、鹿太郎と離婚したことは知らないらしい。

結局、カフェでお茶をすることになったとわ子と婦人たち。
婦人たちは、とわ子の姑の話に花を咲かせる。

**********

鹿太郎ととわ子の出会い

一方の鹿太郎は、部屋に飾ってあった『写真』をカメラアシスタントの女性から褒められる。

その写真は、鹿太郎がダンス教室で出会ったとわ子を写したもので、自分の最高傑作だと自慢する。

当時、鹿太郎はスキャンダル専門のカメラマンを務めていた。
野球選手の不倫相手のタレコミ情報を聞き、ダンス教室に潜入見学したのだった。

結局、ダンス教室には不倫相手はいなかったのだが、そこでとわ子と出会う。
潜入取材をしていることを話せなかった鹿太郎は、ファッション系のカメラマンだと嘘をつき、とわ子に近づく。

嘘をついた自分に罪の意識を感じた鹿太郎は、1から勉強し直しファッションカメラマンになったのだった。

その後2人はダンスの発表会に一緒に出たことで更に距離が縮まる。

ある日のこと、
鹿太郎とわ子が2人で歩いていると、あるカップルの女性から声をかけられる。

「あ、この人。この人ね、私に告白したことがあるんだよ。馬鹿にされてんのかと思ったよ。こんな男に好きって言われて喜ぶ女いる訳ないでしょ?」

その言葉を聞いたとわ子は「残念でしたね、残念でしたね」とその女に言い残し、鹿太郎の腕を掴み歩き出す。階段を駆け降りるとわ子は更に振り返り、女に向かって「残念でしたね」叫ぶ。

鹿太郎はそのとわ子の行動に『全俺が泣いた』と表現する。

結局、ダンスの発表会は台風で中止になったが、その日鹿太郎とわ子に告白する。

『結婚、結婚を前提にお付き合いしてもらえませんか?』

とわ子は、バツ1であることが鹿太郎に相応しくないと拒否するも、鹿太郎の押し切りにより2人は付き合い、1年後に結婚することとなったのだ。

**********

その話を聞いたカメラマンのアシスタントは、なぜ鹿太郎とわ子と離婚したのかを聞く。

鹿太郎はその理由としてこう話す。

「しゃっくりがね、止まんなくなっちゃったの。俺にはそれを止めてあげることが出来なかった」

そう話した後、鹿太郎のLINEに1通のメッセージが届く。

『会いたいな。』美玲からのLINEだった。

**********

鹿太郎の新しい恋の行方

その後、鹿太郎は『オペレッタ』にいた。
そこには慎森もおり、カウンターで『派遣社員と会社が対立した記事』を読んでいた。

鹿太郎は、古木美怜瀧内公美)からLINEで会いたいなと言われたことを八作に話す。「どうしたらいいと思う?」と相談する鹿太郎に「会いに行けばいいんじゃないですか?」と言う八作

しかし鹿太郎は、とわ子との思い出が心残りで新しい女性に出会うことを躊躇っているのだった。

そんな時に、店に三ツ屋早良石橋静河)が一人でやってくる。新しい恋に向けて踏み出そうとする八作慎森の姿がそこにはあった。

**********

美怜の家に行き、イヤリングを探す鹿太郎

美玲は、そのイヤリングを無くしたのは2度目だと言う。
1度目は8歳の時で、そのことを母に話そうとしたときに、美怜は母親に離婚することを告げられたのだ。
また姉は母親と、美玲は父親と暮らすよう言ってきたのだった。

自分が母親に置いていかれるのは、昨晩イヤリングを無くしたせいだと思った美玲は3日間必死になって探すも、見つけた頃にはもう母親の姿はなかった。

その話を聞いた鹿太郎は、悲しい思い出のイヤリングを必死になって探すものの、美玲は「それより今夜泊まって行ってくれない?」と誘う。

**********

翌朝、鹿太郎は事務所に飾ってあった『とわ子の写真』を棚にしまう。

連日美玲の家に行った鹿太郎は、掃除に洗濯に料理にと美玲のために尽くす。
2人で食事をしている時、鹿太郎美玲にこう話す。

「一つお願いがあります。今度、写真撮らせてもらってもいいですか?最高傑作を更新したいんです」

家に帰った鹿太郎は、缶ビールを片手に美玲の過去の作品を観る。
そこには、昨晩美玲が話した指輪の話と一字一句変わらない、セリフを言う美玲の姿が映っていた。

耳を疑う鹿太郎

その一部終始を八作慎森に話す。
騙されたと言う2人に鹿太郎はまだ信じれない様子。

「僕は信じるよ、彼女はそんな人間じゃない」鹿太郎はこう話すのであった。

**********

器の小さい男・鹿太郎

ある日、とわ子が出社すると、社内の空気が一変する。
そこに、頼知登火が「お時間いただけますか?」ととわ子に声を掛ける。

別室に行くと登火が退職願をとわ子に差し出す。
以前から誘われていたシンガポールの会社行くことを決めたのだと言う。

社内の雰囲気はますます悪くなり、他にも「辞めようかな」と言う社員の姿も。

そんな状況に悩むとわ子

**********

一方、鹿太郎が夜道を歩いていると、
車内で男性とキスをする美玲の姿を目撃してしまう。

ショックを隠しきれない鹿太郎は「オペレッタ」に入ろうとするも、別のBarに入店する。

そのBarには、登火が男性と2人で酒を飲んでいた。
『しろくまハウジング』の社長であるとわ子に対し、不満を口にする登火に意を決して声をかけようとする鹿太郎。しかし、その直前で登火はこう話す。

「でも俺、あの社長好きだけどな。あの人は嫌われても逃げないから」
「あの人はちゃんと嫌われる役を引き受けたんだよ」
「今回は離れることにしたけどまたいつか一緒に仕事できたらなって思っているよ」

**********

会食が終わり、誰もいない会社に戻るとわ子
するとどこからか物音が聞こえてきた。

不審に思ったとわ子がその場に向かうと、真っ赤な花束を抱える鹿太郎がいた。

「君に似合う花だったから。この花もきっと君のこと好きだと思ったから」と言って花束を差し出す鹿太郎

2人は出会った時の思い出話に花を咲かせる。

「社長業きつい?」と聞く鹿太郎
「きつい、キツくはないけど....」そう返すとわ子

鹿太郎は続けてこう言う。

「器さ、小さくすればいいんだよ。誰だってね苦しい時はあるよ。思ってたのと違うな〜、やってらんないなって時はあるよ。そいうい時にさ、我慢することないんだよ。一人で乗り越えることなんてないんだよ。愚痴?溢していこうよ。泣き言言っていこうよ。器が小さかろうと何だろうとさ、愚痴ぐらいこぼしていかなきゃ、やってらんないでしょ!?」

その言葉に愚痴を溢すとわ子

すると急にとわ子の手を引きダンスに誘う鹿太郎

2人は会社で踊り始める。

「君との出会いは、俺にとって最高のパーティーだったんだ」と話す鹿太郎だった。

**********

家に帰ったとわ子は、かごめに家具を組み立ててもらっていた。
するとがたくさんの参考書を束ね勉強をやめると言い出す。医者になるのを辞め20歳までにお金持ちと結婚するのだと言う。

第3話ラストのネタバレ

鹿太郎は、美玲から着信があり家に行く。

美玲の家に行った鹿太郎は、数枚の写真を見せられる。
そこには美玲と男性のツーショット写真が。
よくみると、鹿太郎に瓜二つの男だった。

美玲の恋人は既婚者で、そのことをパパラッチに脅されているのだと言う。映画もCMも契約破棄になり賠償金を恐れた美玲は、独身である鹿太郎に身代わりになって欲しいと頼む。

一方、慎森は、石橋菜津美)を不当解雇した会社を訴える準備として話を聞いていた。しかしパワハラした上司の名前を間違える翼に慎森が問いただすと、翼はその場を逃げ出した。

もう一方、八作の元に俊郎岡田義徳)がやって来る。
最近、彼女の早良の様子がおかしい、浮気しているんじゃないかと相談しにきたのだ。不安に思った俊郎早良に電話をかけようとする。しかし、八作の家のキッチンの棚に隠れている早良の姿が。

**********

卓球をするとわ子鹿太郎
「45過ぎて不安しかないよ、これからちゃんと生きよ」と話す鹿太郎の目の前にラケットが飛んでくる。

「気をつけろよ!」と声を上げて怒鳴るも、その相手は知り合いの西川社長。
すぐにペコペコする鹿太郎

大豆田とわ子と三人の元夫、また来週

第4話に続く

 

『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話 感想

ドラマ『大豆田とわ子とさん人の元夫第3話感想レビューを紹介します。

バズり場|ドラマの感想やあらすじを紹介

全俺が泣いた!

とわ子が鹿太郎の顔を見下す女性に「残念でしたね」というシーンは見ているこっちもスッキリしました。その後、鹿太郎が『全米』ならぬ『全俺が泣いた!』というシーンでは1人で爆笑しちゃいました!本当にこのドラマは言葉のチョイスは独特かつユーモアがあり、観ていて飽きの来ない最高のドラマです!

いつ恋 感想・レビュー2

鹿太郎もどこか憎めない存在

鹿太郎は冒頭でとにかく器が小さい存在と紹介されていましたが、傘のシーンだったりムール貝のシーンだったり、こういう人いるな〜と思いながら観ていました。でもそんな鹿太郎がとわ子に対して「器、小さくすればいいんだよ。我慢せずに愚痴こぼしなよ」と発言するシーンでは、鹿太郎のことを見直しちゃいました!!慎森と言い鹿太郎とい、クセのある性格だけど心優しい憎めない存在ですね!

バズり場|ドラマの感想やあらすじを紹介

登火の言葉に感動!

登火渾身の作品である大学図書館のデザイン設計図に感銘を受けながらも予算という問題に直面し、社長という立場から諦めることを選択したとわ子の心情は察するものがありました。その気持ちを理解した登火の「あの人は嫌われ役を引き受けたんだよ」という言葉には感動しました。是非いつかもう1度、とわ子と登火が仕事する機会があって欲しいですね!!

 

『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話 視聴率

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫第3話平均視聴率5.7%でした。
(関東地区・ビデオリサーチ調べ)

第2話は6.7%でしたので、1.0%減少しました。

 

『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話 ラッパー

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫第3話の主題歌に参加したラッパーを紹介します。

第3話のエンディングで流れた主題歌のクレジットは、

「Presence Ⅲ(feat.NENE,角田晃広)」 STUTS & 松たか子 with 3exes”

今回は、ドラマに出演する俳優でお笑いトリオ東京03の角田晃広さんが参加されていました。

NENEとはどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

NENE(@iamrealnene)がシェアした投稿

『ネネ』と読みます。
角田晃広さんの右に映る人物がNENEです。

【PROFILE】
NENE(旧名義:Sophiee)は1994年生まれの東京都品川区出身のラッパー。
2016年に結成された『ゆるふわギャング』と言うヒップホップユニットに所属する。メンバーはラッパーのRyugo Ishidaとプロデューサー・トラックメーカーのAutomaticの3人構成。初製作のPV「Fuckin’ Car」が海外でヒットし一躍人気に。音楽以外にファッションでも注目を集めており今勢いのあるユニット。

毎週出演するラッパーが誰なのか予想するのも楽しみですね!?

『大豆田とわ子と三人の元夫』1話ネタバレや感想を紹介|バズり場
公式HPより

『大豆田とわ子と三人の元夫』第1話から視聴できる動画配信サービスはこちら
1、まずは無料でお試し!【FOD PREMIUM】

FODプレミアムは新規登録で2週間無料

2、U-NEXT

U-NEXTは新規登録で31日間無料

この記事を見て感想をコメントいただけたら非常に嬉しいです!

その他にも最新ドラマに関する様々な情報を掲載しています!ぜひご覧ください♪

2021年4月期スタートのドラマに関する記事はこちらから

Twitterでもたまにつぶやきます、気軽にフォローしてください♪

@buzz_nyan2

-2021年4月期ドラマ, 大豆田とわ子と三人の元夫

© 2021 バズり場 Powered by AFFINGER5