エンタメ 音楽

Say Sue Me (セイスーミー)プロフィール紹介!どんなバンド?

Say Sue Me (セイスーミー)プロフィール紹介!どんなバンド?

フジロックフェスティバル’22に参加することが決定した韓国のインディーズバンドのSay Sue Me(セイスーミー)。

韓国をはじめヨーロッパでも活躍する注目のグループですが、バンドメンバーのプロフィールや、バンド結成の経緯について紹介します。

Say Sue Meとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

쎄이 쑤 미(@saysueme)がシェアした投稿

Say Sue Me(セイスーミー)は、韓国・釜山出身のSurf Rockインスパイア系インディーバンド。

メンバーは、ボーカルとリズム・ギターのチェ・スミ、リード・ギターのキム・ビョンギュ、ベースのキム・ジェヨン、ドラムのイム・ソンワンから構成。

2014年に1stアルバム『We've Sobered Up』、2015年にEP『Big Summer Night』を韓国のレーベルElectric Museからリリースし、2017年にはUKレーベルDamnably Recordsと契約し、初のUKツアーを果たす。

2018年には2ndアルバム『Where We Were Together』をリリースし、Pitchfork, Paste Magazine, NPR, Billboard, i-D, The Independent, Stereogum, MTV, Uproxx, Fader, Drowned in Sound, DIY, The 405 & moreなどのメディアから評価され話題を呼ぶ。

また、2019年には韓国の大衆音楽賞で5部門にノミネートされ(受賞は2部門)、BTSに次ぐ年間最多ノミネートを記録。

その後は、ヨーロッパをはじめ、アジア、北米でもツアーを行い、韓国以外でも活動の幅を広げる。

2021年には韓国ドラマ「わかっていても」で『So Tender for Nevertheless』、「ユミの細胞たち」で『My Heart for Yumi's Cells』の2曲の楽曲提供をし、『So Tender for Nevertheless』は世界9カ国でチャートインを果たす。

そしてこの度、2022年7月29〜31日に新潟県湯沢町苗場スキー場で開催する「FUJI ROCK FESTIVAL’22」に出演が決定。(Say Sue Meの出演日は7月29日)

2022年5月に約4年ぶりとなるフル・アルバム『The Last Thing Left』をリリース。

メンバープロフィール

Say Sue Me(セイスーミー)のメンバー4名のプロフィールを紹介します。

チェ・スミ/Choi Sumi(ボーカル、ギター)

Say Sue Me(セイスーミー)のボーカル&ギター、チェ・スミのプロフィール紹介

チェ・スミのプロフィール
名前:チェ・スミ(Choi Sumi、최수미)
生年月日:4月28日
年齢:不明
性別:女性

担当:ボーカル、リズムギター

キム・ビョンギュ/Kim Byungkyu(ギター)

Say Sue Me(セイスーミー)のギター、キム・ビョンギュのプロフィール紹介

キム・ビョンギュのプロフィール
名前:キム・ビョンギュ(Kim Byungkyu、김병규)
生年月日:不明
年齢:不明
性別:男性

担当:リードギター

キム・ジェヨン/Kim Jaeyoung(ベース)

Say Sue Me(セイスーミー)のベース、キム・ジェヨンのプロフィール紹介

キム・ジェヨンのプロフィール
名前:キム・ジェヨン(Kim Jaeyoung)
生年月日:不明
年齢:不明
性別:男性

担当:ベース

リム・ソンワン/Lim Sungwan(ドラム)

Say Sue Me(セイスーミー)のドラム、リム・ソンワンのプロフィール紹介

リム・ソンワンのプロフィール
名前:リム・ソンワン(Lim Sungwan)
生年月日:不明
年齢:不明
性別:男性

担当:ドラム

バンド結成〜現在まで

Say Sue Me(セイスーミー)がバンドを結成することになった経緯から現在のメンバーに至るまでを簡単に紹介します。

幼なじみのビョンギュ (ギター担当)、ハ・ジェヨン (旧メンバー・ベース担当)、カン・セミン(旧メンバー・ドラム担当)の3人は、2012年に韓国・釜山の南浦洞にある喫茶店でチェ・スミ(ボーカル担当)に出会います。

スミの話し声を聞いた3人はすぐに気に入り、Say Sue Meの新しいボーカリストとしてオファーしました。

2014年に1stアルバム『We've Sobered Up』をリリースしデビューを果たします。

2016年、ドラマーのセミンが事故により頭蓋骨を骨折し、半昏睡状態に陥ります。Say Sue Meのファンや釜山で活動する他のインディーズバンドは、セミンの医療費のために1日で1300万ウォン以上の募金を集めました。

2017年には、セミンに代わり新しいドラマーであるキム・チャンウォンを一時的に迎い入れ、2nd EP『Semin』をリリースします。

2018年、2ndアルバム『Where We Were Together』をリリースし、その1週間後に3rd EP『It's Just a Short Walk! 』をリリースし、ブロンディ、ラモーンズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ビーチ・ボーイズの楽曲のカバーを収録しました。

セミンの代わりに加入したチャンウォンは2019年7月にフランスで開催されたユーロケエンヌ・フェスティバルが最後の活動で、その後は現メンバーであるリム・ソンワンが加入します。

2019年10月12日に、バンド創設時のドラマーであるセミンが亡くなったことが発表されます。セミンの死後、Say Sue Meはシングル「Good For Some Reason」を春・冬バージョンに作り直しました。

ディスコグラフィ

アルバム

タイトル 発売日 チャート最高位
We've Sobered Up 2014年10月2日 64位(韓国)
Where We Were Together 2018年4月13日
The Last Thing Left 2022年5月

EP

タイトル 発売日 チャート最高位
Big Summer Night 2015年7月7日 79位(韓国)
Semin 2017年4月22日
It's Just a Short Walk! 2018年4月21日
Christmas, It's Not a Biggie 2018年12月7日

コンピレーションアルバム

タイトル 発売日 チャート最高位
Say Sue Me 2017年4月18日

受賞歴

アワード カテゴリー ノミネート作品 結果
2019年 Korean Music Awards Album of the Year Where We Were Together ノミネート
Best Modern Rock Album 大賞受賞
Artist of the Year Say Sue Me ノミネート
Song of the Year "Old Town" ノミネート
Best Modern Rock Song 大賞受賞

公式ホームページ&SNS

Say Sue Me(セイスーミー)の公式ホームページとSNSです。

気になった方は是非チェックしてみてください!

まとめ

今回は韓国のインディーズバンド「Say Sue Me」について紹介しました。

  • 韓国・釜山出身のSurf Rockインスパイア系インディーバンド
  • 2014年に『We've Sobered Up』でデビュー
  • 現メンバーはチェ・スミ、キム・ビョンギュ、キム・ジェヨン、イム・ソンワン
  • 韓国のみならずヨーロッパやアジア、北米でも活動

これからの活動には注目です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-エンタメ, 音楽

© 2022 バズり場 Powered by AFFINGER5