エンタメ

小籔(吉本新喜劇)座長引退の理由はなぜ?クビや戦力外なのか!?

小籔(吉本新喜劇)座長引退の理由はなぜ?クビや戦力外なのか!?

15年以上にわたって、吉本新喜劇の座長を務めた小籔千豊さん。

2022年8月22日公演をもって座長を勇退しましたが、座長引退の理由はクビや戦力外なのでしょうか?

この記事では、小籔千豊さんの吉本新喜劇の座長引退の経緯や理由について紹介します。

小籔千豊プロフィール

小籔千豊さんのプロフィールを紹介します。

名前:小籔千豊(こやぶ かずとよ)
生年月日:1973年9月11日

出身地:大阪府大阪市住吉区(現・住之江区)
身長/血液型:188cm/B型
最終学歴:近畿大学付属高等学校
所属事務所:吉本興業(NSC大阪校12期)
Instagram:@koyabukazutoyo_shinkigeki

Twitter:@koyabukazutoyo

小籔千豊さんは1973年9月11日生まれ、大阪市出身のお笑い芸人兼ミュージシャンです。

吉本総合芸能学院(NSC)大阪校の12期生で、同期には2丁拳銃、COWCOW、土肥ポンタ、鈴木つかさ(元ザ・プラン9)などがいます。

1993年には山田知一さんと漫才コンビ「ビリジアン」を結成。しかし、相方が構成作家を志したために2001年に解散しています。一時は引退を考えるも、芸人仲間の野性爆弾のロッシー、シャンプーハットのこいで、ケンドーコバヤシ、バッファロー吾郎らに「絶対売れる」と慰留され芸人を続けることとなりました。

また、コンビ解散と同年の2001年に吉本新喜劇に入団し、2006年1月31日には入団から4年という異例の早さで座長就任が発表されました。

そしてこの度、2022年8月22日の公演をもって約16年7ヶ月にわたって就任した吉本新喜劇の座長を勇退することとなりました。

小籔千豊(吉本新喜劇)座長引退の経緯や理由

小籔さんが吉本新喜劇の座長を引退した経緯や理由はなんなのでしょうか?

無茶苦茶、私事の報告で『知らんがな』過ぎて恥ずかしいのですが
今年で吉本新喜劇の座長を辞めることになりましたm(_ _)m
会社の偉いさんから突然言われた時は
少し寂しい気もしましたが
元々、10年経ったら辞めなければならないと思っていたのに15年やってしまいました
クビなのか任期満了なのかは
わかりませんが
とりあえず当番が終わります

小籔さんが吉本新喜劇の座長退任を発表したのは自身のインスタグラムで2022年1月14日に投稿されました。

また、小藪さんが参加するYouTubeチャンネル・ざっくりYouTubeでも詳しく語られています。

動画開始11分8秒あたりから千原ジュニアさんが話を振るかたちで話しています。

座長引退の経緯としては、小藪さん自身が吉本側に伝えたわけでは無く、吉本のお偉いさんの方から話がありました。

吉本興業のお偉いさんと直接対談した際に遠回しに退任することを促すような話があり、回りくどい言い方を理解した小藪さんはご自身で「座長やめろってことですね!?わかりました、わかりました」と言い承諾したようです。

吉本興業からは、「2022年4月で創業110周年を迎え、吉本新喜劇のGM(ゼネラルマネジャー)に間寛平さんを就任させようと思っている」と小藪さんに話したようです。

”この話をするってことは……そういう事ね”
と小藪さんは理解したんだと思います。

動画内では「揉めていない」と発言しているので、話し合いのもと決定したようですが、小藪さん自身も10年ぐらいで辞めるつもりが15年も続けてしまい、辞め時を見失っていたそうです。

座長引退の理由については、ご自身も話しているようにクビや戦力外なのかはわかりませんが、吉本としてはそろそろのタイミングで新しい風を吹かせたかったのかもしれません。

とはいえ、吉本新喜劇60数年の歴史の中で座長を15年以上務めたのは、木村進さん、間寛平さん、内場勝則さん、辻本茂雄さん、川畑泰史さん、そして小籔千豊さんの6名しかいないので、かなり貢献されたのではないかと思います。

<座長引退の経緯>
吉本側から遠回しに退任を促される
小藪さん自身もいつかは辞めないといけないと思っていたため承諾

<座長引退の理由>
クビ、戦力外や任期満了かは不明
吉本的には創立110周年のタイミングで心機一転を図りたかった?

吉本新喜劇・歴代座長

吉本新喜劇の歴代座長はこちらです。

名前(芸名) 座長在任期間
花紀京 1963年〜1969年
平参平 1962年〜1966年
秋山たか志 1966年〜1969年
財津一郎 1966年〜1969年
岡八郎 1966年〜1972年
原哲男 1969年〜1970年
桑原和男 1969年〜1972年、1990年〜1995年
船場太郎 1972年〜1976年、1979年〜1982年
阿吾十朗 1972年〜1974年
木村進 1973年〜1988年
間寛平 1973年〜1988年
伴大吾 1974年〜1978年
谷しげる 1974年〜1979年
室谷信雄 1982年〜1984年
池乃めだか 1990年〜1995年
内場勝則 1999年〜2019年
辻本茂雄 1999年〜2019年
石田靖 1999年〜不明
吉田ヒロ 1999年〜2007年
小籔千豊 2006年〜2022年8月22日
川畑泰史 2007年6月19日〜 在任中(2022年8月時点)
すっちー 2014年6月11日-〜在任中(2022年8月時点)
酒井藍 2017年7月26日-〜在任中(2022年8月時点)

吉本新喜劇の歴代座長にはこれまで合計で23名が就任しています。(2022年8月時点)

吉本新喜劇は、なんばグランド花月劇場(NGK・大阪)をはじめ、よしもと祇園花月(京都)、ルミネtheよしもと(東京)など複数の劇場において同期進行で公演を行っているため複数の座組が存在し、その結果座長も複数名が就任しているというかたちになっています。

まとめ

今回は、小籔千豊さんの吉本新喜劇・座長引退の経緯や理由について紹介しました。

  • 吉本興業の超お偉いさんから遠回しに話があった
  • 小藪さん自身も辞め時を見失っていたタイミングで話があったため承諾
  • 引退理由は吉本が110周年と間寛平さんGM就任のタイミングで新しい風を吹かせたかった??

15年以上にわたって吉本新喜劇の座長として色々と尽力し、お疲れ様でした。

小藪さんはお笑いだけではなく、ミュージシャンとしてジェニーハイのバンドメンバー(ドラム担当)など様々な音楽活動をされています。

座長を退任したことで肩の荷が降り、その他の活動にも注力できるようになったと思うので、これからの小籔千豊さんの活躍には注目ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-エンタメ

© 2022 バズり場 Powered by AFFINGER5